展示車・試乗車

蠍のエンブレムが輝くそのクルマに宿るのは、イタリアの熱い情熱とクラフトマンシップ

ABARTH 595 esseesse
ボディカラー
676 Grigio Campovolo
インテリアカラー
ブラック
エンジン
直列4気筒 DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ
トランスミッション
5速マニュアル
「595 / 595C エッセエッセ」は、1963 年に登場した 595 シリーズの原型である「フィアット・アバルト 595」に、さらなるチューンを施した「フィアット・アバルト 595 SS」を由来とする限定車です。限定車のベースとなったのは、最高出力 180ps を誇る「595 Competizione」で、これにアクラポビッチ社製のエキゾーストシステムを搭載。ベース車に標準装備されるレコードモンツァとはひと味違った排気音を特徴とします。またボディカラーには、「595 SS」を彷彿とさせる Grigio Campovoloを採用。これにホワイト仕上げの17 インチアルミホイールやサイドストライプなど、現代風のアレンジが加えられています。 インテリアには、限定車専用に赤いステッチが施された Sabelt 製スポーツシートや専用カーボンインストルメントパネルを装備し、レースモデルをイメージさせる仕立てとなっています。
ページ上部に戻るページ上部に戻る